インフルエンザに伝染したら、腰痛の症状が出る場合も

インフルエンザは、流行性感冒とも呼ばれます。インフルエンザにかかると、くしゃみ、鼻水、のどの痛み、発熱など、風邪と同じような症状が出るため、風邪と間違われやすいのですが、風邪とは違い、ウイルスによる伝染病の一種です。

このウイルスは、低温、低湿の環境下で増殖しやすいことから、気温が低く、乾燥しやすい冬季に大流行する傾向にあります。

症状としては、上に挙げたものの中でも発熱が特徴的であり、38度以上の高熱となり、場合によっては40度以上の熱が出る場合もあります。また、腰痛などの関節の痛み、筋肉の痛みが出る場合もあり、この点で、風邪とは異なります。

高い熱が出る前に、先に腰痛や筋肉の痛みが出る場合があり、この場合は、単なる腰痛だと思って、インフルエンザに伝染したことに気づくのが遅れることがあります。冬季に関節痛が出た場合は、体のだるさや悪寒など、インフルエンザの他の症状が出ていないかに注意しましょう。

上に述べたように、ウイルスで伝染することから、その伝染経路を遮断するのが予防の第一歩です。感染者の唾液などに含まれるウイルスが、空気中を飛散して、それが他の人の鼻や口から体内に入って感染します。そのため、インフルエンザの感染予防には、まずは、外から帰ってきたときの手洗い、うがいが重要となります。
また、空気中に飛散するウイルスが鼻や口に入らないように、マスクを装着するのも効果的です。

急な発熱や関節痛が生じて、インフルエンザが疑われる場合は、すぐに医者の診察を受けて、感染したかどうかの検査を受けましょう。感染した場合は、数日間、自宅で待機が必要となります。
感染したかわからないまま出勤、登校すると、知らないうちに周囲にウイルスをまき散らしてしまい、集団感染を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。