インフルエンザの嘔吐、ヒトへの感染

結核や天然痘などの感染症の恐怖は現代社会において消滅しつつある傾向にあります。しかし、インフルエンザだけは現代社会においても非常に大きな影響力を持っています。インフルエンザの怖いところは、毎年ウイルスの型を変化してくるということです。つまり、ウイルスの構造体としての進化が早く薬に対する耐性も付きやすいということで、現代においてもっとも危険性の高い感染症の一つであるといえます。
インフルエンザウイルスはヒトだけに感染するものではありません。トリやブタにも感染し繁殖することができます。こうしたヒト以外の動物から感染する場合は当然人間にとっては耐性のない未知のウイルスとなるので、非常に毒性が強く致死性の高い症状へと発展します。こうした鳥インフルエンザなどの爆発的流行は人間が抱えて居る大きな問題の一つで、近年のとあるレポートにおいてはこうしたパンデミックの危険性が大いに示唆されています。
インフルエンザに感染すると風邪に似た症状が出ますが、非常に高熱となり嘔吐や節々の痛みなど多くの症状を併発します。嘔吐物の処理などは細心の注意が必要で、患者の嘔吐物の中にはウイルスが含まれているのでこれらの後処理を適切に行わないと家庭内での感染などが発生してします。このようにインフルエンザは非常に強い感染力を持っており、これらがパンデミックの危険の原因となっているのです。現状、鳥インフルエンザのヒトからヒトへの感染というものは認められていませんが、トリからヒトへの感染というものはたびたび見られるようになりつつあります。こうしたインフルエンザのパンデミックによる国際危機を防ぐためにも日々の備えを怠らないことが大切です。