インフルエンザの感染や重症化の防止と休暇

インフルエンザに確実に罹患しない方法はありません。
そのために、感染しないこと、感染して発症しても重症化を防止する事が大切になります。
まず感染しないためには予防を行う必要があります。
基本的な手洗いとうがいが予防に効果を示しますが、正しい手洗いとうがいをしなければ効果を発揮しない事を覚えておかなければなりません。
室内に加湿器を作動させることでウイルスの飛散を防止する事ができます。
重症化の防止に効果的なのが予防接種です。
最近の予防接種はA型、B型ともに効果を発揮するため、どちらが流行しても効果を示します。
そのため受けておく事が大切ですが、インフルエンザの抵抗ができるまで2週間程度かかり、持続は5ヶ月程度と言われています。
流行してからでは遅く、流行する事を予測して事前に接種しなければなりません。
万が一、発症してしまった場合には他者に感染しないように休暇を得る必要があります。
インフルエンザの場合には長期的な休暇が必要となるため会社によっては診断書の提出を求められる事があります。
診断書を提出しない事で思うような休暇がもらえない事もあるため注意が必要です。
診断書を提出しても休暇のシステムは就労している会社の規則に従わなければなりません。
会社によっては有給休暇で対応してくれる事もあれば、病気休暇がもらえたり、欠勤になってしまう事もあります。
欠勤の場合にはボーナスなどに影響してしまう可能性もあるためインフルエンザには感染しないようにする事が重要です。
休暇の日数は医師の指示によって異なり、おおよそ1週間から10日程度となっています。
インフルエンザの診断を受けたら休暇をとり、治癒するまで療養する必要があります。