症状の出ないインフルエンザへの対応

インフルエンザは毎年新しいタイプの菌が発生しています。また感染率も高い子tに加えて一度感染すると非常に身体への負担が大きく出る症状が現れます。多くは体温以上・全身倦怠感・疲労感・頭痛などほかにも様々な症状を認めています。インフルエンザにおいて重要なことは予防と発症した後の対応です。予防としてはワクチンを接種したり、衛生管理やマスクの着用など身近なところから様々な取り組みが可能となります。しかし感染力は高いためどうしても感染してしまうこともあります。感染・発症した後は速やかに病院を受診し、専用の薬を処方してもらうことが最善です。そのあとは極力人とは接触しないようにしてさらなる被害の拡大を防ぐようにします。しかし最近では発症しているが症状が出ないというケースも報告されており、多くは高齢者に認められています。症状が出ない原因として、体力の低下があげられます。症状が現れるのは体内の免疫機能が菌に対して働きかけるために起こっていますが、体力がなければその免疫反応自体を起こすことが難しくなります。その結果、発症はしていても症状が出ずに発覚・治療が遅れてしまうという事態にもつながりかねません。そのため症状が出ないインフルエンザに対する対応としては定期的な検査が確実といえます。検査をすれば症状は出ていなくても感染していることが分かるため、より確実に判断することが可能となります。その後の対応は発症した時と同じ対応をとれば大丈夫です。そのことからも症状が出ていなくても定期的に感染・発症していないかの検査を受ける必要があります。インフルエンザは時に身体に非常に重大な負担を与えます。そのためいかに予防するか・発症後に対応するかが重要です。