通年リスクのインフルエンザと経理処理による経費使用

日本においては冬の乾燥した時期になると流行する季節性インフルエンザについては多くの人が認識するものとなっています。その予防のために、秋口になるとインフルエンザの予防接種を行うという人も大勢いるのが現状であり、インフルエンザ予防に対する意識は高まってきています。しかし、現実的な問題として大流行が起こるのは冬の乾燥した時期に限定されるものの、実際には通年インフルエンザウイルスは存在しています。国によっては少し外れた時期に流行を起こす場合もあり、海外出張を行う際にはその国におけるインフルエンザ事情を知ることが大切です。また、通年かかってしまうリスクがあるのは海外だけではなく、季節性ではないインフルエンザは日本にもあるということを知っておくことが必要でしょう。夏にかかる場合もあることから、その症状が生じた場合には疑いをもって医療機関を受診してみることが大切です。特に勤め人の場合には会社で流行させてしまうことによって大きな損失をもたらしてしまうリスクがあることに留意が必要です。逆の視点に立てば、経営者は社員がインフルエンザを社内に持ち込まないようにすることが大切であり、予防接種の奨励などを行っていくことは不可欠になります。社員に対して予防接種の支援を行うというのはその方法として有用なものであり、福利厚生費として経理処理することができます。また、海外出張の際に予防接種や予防投与用の薬を準備する際にも必要経費として経理処理していくことが可能であり、上手に経理処理を行うことでうまく経費を使っていくことが可能です。通年にわたってかかるリスクがあるものであるということにも留意して万全な対策を行うことが経営者にとっても重要なことといえるでしょう。