• インフルエンザに伝染したら、腰痛の症状が出る場合も

    2016年7月5日

    インフルエンザは、流行性感冒とも呼ばれます。インフルエンザにかかると、くしゃみ、鼻水、のどの痛み、発熱など、風邪と同じような症状が出るため、風邪と間違われやすいのですが、風邪とは違い、ウイルスによる伝染病の一種です。 このウイルスは、低温、低湿の環境下で増殖しやすいことから、気温が低く、乾燥しやす...

    記事の続きを読む